キャバクラ・キャバ嬢 検索サイト「プリンスグループ」

プリンスグループはキャスト2,000人が在籍中。

NEWS-HOT お知らせ&キャバクラの話題

プリンスグループのメディア掲載情報をご紹介します。テレビドラマ・映画のロケ地としてプリンスグループのキャバクラ店が舞台となったり、プリンスグループに在籍するキャバ嬢が雑誌・TVバラエティに特集されたりとエンターテイメントの発展にプリンスグループは貢献しています。

メディア掲載情報

黒服が走る!今年もプリンスグループは、アスリートファーストです。


前回の初参加から早くも1年。今年もウエイターズレースの季節がやってきました。今回プリンスグループからは、昨年初出場ながら個人戦3位入賞を果たした村上源太郎を筆頭に、最多となる個人戦17名団体戦1組がエントリー!前回大会のリベンジを果たすべく、ウエイターズレース2016に参戦しました。

「ウエイターズレースジャパン2016」

ウエイターズレースって?
発祥は、1930年代にパリでウエイターの仕事の認識を改善するために開始されました。以降、ヨーロッパ中に広まり、グラスやボトルを載せたトレイを持ち、各店のサービスの正装を身にまとったウエイターが速さと優雅さを競いあいます。日本では、2011年、横浜の老舗ホテルや飲食店が中心となり、実行委員会をたちあげ、第1回ウエイターズレース横浜が開催されました。今年で6回目を迎え、いずれは日本での世界大会開催を目指しています。
(参照:ウェイターズレースジャパン http://waitersracejapan.com

開催概要
日時:2016年11月23日(水・祝)
場所:日本大通り(横浜市中区日本大通り)
時間:11:00~16:00
参加:個人56名、団体17チーム

今回は、ウエイターズレース史上、最多のエントリー数!昨年の団体戦では、連覇を狙った横浜ロイヤルパークホテルチームを、横浜ベイホテル東急チームが5分38秒の好タイムで破りましたが、プリンスグループは今回、奇跡を起こせるのか! 個人戦では、3連覇を狙うコロワイドMDの笹本賢斗さんを撃破すべく、プリンスグループから曲者揃いの17名がエントリーしました。

参加メンバー
所属:関内シーサイド
 斉川 幸一郎(サイカワ コウイチロウ) 男性
 関 廉(セキ レン) 男性
 野村 和映(ノムラ カズアキ) 男性
 福嶌 克也(フクシマ カツヤ) 男性

所属:横浜シーサイド
 遠藤 裕太(エンドウ ユウタ) 男性

所属:ロイヤルガーデン
 村上 源太郎(ムラカミ ゲンタロウ) 男性
 田 振尚(デン ノブヒサ) 男性
 遠藤 司(エンドウ ツカサ) 女性
 芦村 翔太(アシムラ ショウタ) 男性

所属:関内ノーブル
 柿村 成道(カキムラ シゲミチ) 男性
 中村 拓人(ナカムラ タクト) 男性
 ※団体戦出場

所属:横浜レッドシューズ
 島倉 正盛(シマクラ マサモリ) 男性
 片山 憂也(カタヤマ ユウヤ) 男性

所属:ラルーナ
 亀田 瑞樹(カメダ ミズキ) 男性

所属:新横レッドシューズ
 石井 祥太(イシイ ショウタ) 男性

所属:ベストヒッツ
 上村 嶺(ウエムラ リョウ) 男性

所属:バリ&ハイ
 木村 健亮(キムラ ケンスケ) 男性

【予選】個人戦

それでは、激戦の様子を写真と共にお楽しみください。


まずは、個人戦の予選がスタート!(57名中上位10名が2回戦に進出します。)


先陣を切ったのは、真面目さがウリの関内シーサイド斉川


(右)一発ギャグが得意な横浜レッドシューズ島倉と、(左)初参加の関内シーサイドも出だし好調です!



プリンスグループのメンバー同士が激突してしまうというハプニングも(笑)


見事な走りを見せてくれたラルーナ亀田。そうそう、イチョウ並木がとても綺麗だったんですよ。



カラオケ店から参戦の、ベストヒッツ上村(上)と、バリ&ハイ木村(下)も、頑張りました。



同門対決となった関内シーサイド野村福嶌!!手が早いのは、どっち!?


前回3位の実力者ロイヤルガーデン村上。今年も安定感は抜群!


紅一点!唯一の女性参加選手ロイヤルガーデン遠藤。なんと、自宅にトレンチを持ち帰り練習していたとか!!


2年連続出場ロイヤルガーデン。走力はピカイチだが、集中力が最後まで持つかが課題!?



横浜レッドシューズ片山ロイヤルガーデン芦村も、初出場ながら大健闘!

【2回戦】個人戦

2回戦は、敗者復活で進んだ選手も含め、15名でスタート!(上位5名が決勝進出します。)プリンスグループからは5名が2回戦に進出することができました!


予選で全体2位のタイムを叩きだして周囲を驚かせた期待の新星関内シーサイド野村

プリンスグループが誇る絶対的エースロイヤルガーデン村上

敗者復活戦で見事カムバックは果たした、(左)横浜レッドシューズ島倉と、(右)ロイヤルガーデン

皆さん、黒服の面目躍如、大車輪の活躍を見せてくれましたが、そこは魔物が棲むと言われるウエイターズレース。気が焦るばかり、ビール瓶を落として割ってしまい失格となってしまうメンバーが続出。。。惜しくも、決勝進出を果たすことはできませんでしたが、気持ちを切り替え、この悔しい気持ちは団体戦にぶつけたいと思います。

【予選】団体戦

団体戦は、この日のために練習を積み重ねてきた5名のチームワークが試されます。

第1走者は、ロイヤルガーデン遠藤練習の成果、バッチリ出てました。


第2走者第3走者は、関内ノーブル所属の、(上)柿村と、(下)、中村。2人とも、とても緊張してたんだとか。

第4走者は、本日3回目の登場となったロイヤルガーデン村上。魅力は、体幹の強さから生まれる安定感。そしてなんといってもイケメン

アンカーを務めたロイヤルガーデン。今日は最後まで集中を切らさず、走り抜きました。

参加17チーム中、上位6チームのみが決勝進出という狭き門。。。普段の運動不足から、個人戦での疲労が出てしまい、惜しくも決勝進出を逃しました。。。

総括

今回は全体の参加者も多く、入賞などの目に見える結果を残すことは出来ませんでした(トップとのタイム差は僅差でした)。しかーし、参加者全員がプリンスプライドを持って真剣勝負に真っ向から挑む姿に、心が熱くなりました。応援に駆けつけたグループ関係者も大勢いて、沿道から声援を贈る姿には、グループの団結力を感じられる大会となりました。前回大会3位の村上は、2回戦のゴール間際で失格となってしまいましたが、普段感情を表に出さない彼が、悔しさを露わにしていたことがとても印象的でした。次回は、「もっと走り込んで、スタミナを倍増して挑む」と、再度リベンジを誓ってくれました。

その他リンク

FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00342618.html

ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com/headline/9963/

メディア関係者様へ

プリンスグループではテレビ・映画・雑誌など各メディア関係者様からのご連絡を幅広く募集しています。

プリンスグループの豪華な内装をロケ地としてご利用いただいたり、選りすぐりのキャストをコンテンツとしてご出演させるなど、横浜・渋谷地域を中心に柔軟にご協力できる体制をご用意しています。是非お問い合わせ下さい。

問合せ先:
http://www.princegroup.jp/contact/

関連記事

カテゴリー:メディア掲載情報

pagetop