キャバクラ・キャバ嬢 検索サイト「プリンスグループ」

プリンスグループはキャスト2,000人が在籍中。

NEWS-HOT お知らせ&キャバクラの話題

プリンスグループ・ポータルサイトでは夜遊びのための最新トレンドを運営スタッフが独自の視点で取り上げて、キャバクラに関するお役立ち情報や有益なまとめ情報としてブログやキュレーションを行っています。是非キャバクラニュースをチェックしてお気に入りのキャバ嬢との会話を盛り上げてください。

新人キャバ嬢って?

キャバクラの最大手プリンスグループ・ポータルサイトの運営スタッフがお届けするキャバクラに関するトレンドや流行、今話題のニュースやコラム・豆知識・まとめなどを厳選して掲載しています。

ポータルサイト運営ブログでは「新人キャバ嬢」に注目してみました。

プリンスグループのポータルサイトではキャスト検索から全店舗の新人キャバ嬢がご覧いただけます。また、過去のキャバクラ特設サイトでは新人キャバ嬢に限定したグランプリも開催しました。(パソコンサイト)こちらもご覧ください。

 

・はじめに知っておきたいキャバ嬢の種類

キャバ嬢を知るにはまずキャバクラ用語から。最初にキャバクラでの女の子のカテゴリーをご紹介します。まず毎日お店にでている「レギュラー」、高額売上の「ナンバー」、週2~4回勤めている「アルバイト」、派遣社員である「コンパニオン」。別のキャバ嬢のお客さんの席につく「ヘルプ」などなど、専門用語はたくさんあります。
そのなかで、最近お店に入りたての新顔を「新人」と呼びますが、「新人」は「ナンバー」よりもはるかに人生経験が豊富で危険な女性が多く存在するというのです。「新人」という呼び名に惹かれてみたものの、新人らしい初々しさは皆無で、じつは訳アリ女性だった……。なんてパターンはよくある話なので注意が必要です。
怖いお兄さんが出てきて「この場で飛んでみぃ! まだチャリンチャリンいうとるがな!」とドヤされるような事態を避けたい方は、きちんとその実態を把握しておきましょう。

・「新人キャバ嬢」の方が「ナンバー」よりキャリアが上だったりする!?

キャバ嬢のプロ、つまり水商売で一旗あげたい! と高額売上を叩き出すキャバ嬢のことを「ナンバー」と言います。ナンバー1、ナンバー2の「ナンバー」です。AKB48の「神セブン」のようなものだと思ってください。ひとつのお店でナンバー1になる為には、本人の努力ももちろんですが、店の黒服に気に入られなければ難しいと言えます。
どういうことかというと、黒服に気に入られているといわゆる「上客」や「太客」になり得る、いいお客さんの席に優先的につけてもらえるからです。黒服に気に入られるということは、欠勤・遅刻などが少なく真面目に仕事をこなし、社会的信頼を得ている証拠。一方新人キャバ嬢はまだ入ったばかりなので、信頼できるかどうかをお店の従業員は誰も知らない状態になります。だから「この店では新人でも、実は水商売キャリア10年の大ベテラン」というケースも多く存在するのです。

・素人だと思ったら大間違い! 「新人」が訳アリなワケ

夜の世界の「新人」とは、水商売未経験者という意味ではありません。そのお店でのキャリアを指しますから、水商売歴10年でも、入店したばかりの店では「新人」と名乗ることも多いのでベテラン新人は多数存在します。そのなかでも「出戻り新人」は訳アリ度が高いと思ってください。
一旦夜の世界を離れたにもかかわらず、再度戻ってきたということは「早急にお金が必要となった」サインです。変な男にひっかかりシングルマザーになってお金が必要となった、もしくは変な男の借金の保証人となりお金が必要となった。これらのリアルウシジマくん(もしくはナニワの金融道)パターンである可能性が高いと考えられます。

・出来るオトコの新人キャバ嬢対処術

魅惑的なハニートラップがあったとしても、手元のおしぼりで鳩つくりに励んでください。テーブルにある「柿の種」などで目やクチバシをつくると職人っぽさが30パーセントアップします。「その鳩かわいい~、もっとつくってぇ~」と甘えられた場合には、おしぼりをピザ生地のように回し「トッピング何にしましょ! トッピング何にしましょ! ねえ、トッピング何にしましょ!」としつこく問い詰めてください。キャバ嬢が、「こいつはカモにならねえ」と戦意喪失状態に陥りタバコを吸い出したらあなたの勝ちです。どれだけ魅力的な誘惑があったとしても、男は時に引き際が大切……、という石原軍団スピリットを忘れずに、キャバライフを楽しんでくださいませ。

執筆: ピコロス

イラスト: 菅原県 Twitter


【男性必読】「新人キャバ嬢」は訳アリだらけ!? 「新人」に潜む隠れた裏事情

引用:ロケットニュース24

 

カテゴリー:キャバクラニュース

pagetop